貴女にしかできない癒しをアピール!

医師は何を結婚に求めるのか?

医師は高収入ですが、多忙激務で拘束時間も長く家庭を顧みるゆとりが少ないのが特徴です。こうした先生達が結婚に何を求めているのか?が分かればドクター婚活は大きく進展するでしょう。申し遅れました。私は医師との結婚を専門に扱う結婚情報サービス「セレブメーカーズ.com」を運営している、結婚情報コンサルタントの川島義幸と申します。
「セレブメーカーズ.com」では2005年から一緒の結婚に特化した情報サービスを行ってきました。その中ですでに600人以上のドクター夫人が誕生しています。しかし残念ながら私が把握しているだけでも20組以上が離婚してしまいました。またドクターの夫婦は一般のカップルと比べて2倍以上離婚率が高いことが分かっています。せっかく結婚したのに、どうして離婚してしまうのでしょうか。いくつもの原因があると思いますが、医師本人が結婚に求めたものが満たされないという理由も確実に見受けられます。
皆さんは医師との結婚だけが目的ではないはずです。「ドクターとの結婚を実現させ、結婚した後に続く数十年を仲睦まじく幸福に暮らし、最高に充実した人生を送る事こそ皆さんの悲願であり宿願ではないでしょうか。そして医師との結婚は女性だけがその気になっても成就することはありません。相手の先生が皆さんとの結婚に心底本気になることが絶対の条件になります。医師皆さんとの結婚にその気になりさえすれば、後はオートマチックで結婚までたどり着けるでしょうし、その後も末永く夫婦生活を全うすることができるでしょう。
必死で頑張って念願を叶えるドクター夫人になったのに、途中で空中分解し離婚してしまったのでは皆さんも生涯の悔いを残さずです。医師との結婚をかなえ精神的・物理的に恵まれた幸福な人生を送るためにも、医師が結婚に何を求めてるのかを可能な限り請求することは皆さんにとっての責務であるとも言えるのではないでしょうか。


女性の主観では判らない

医師は結婚に何を求めるのか探ることは、極めて重要なテーマです。そしてその探求は女性の自己中心的な主観では達成することはできません。医師の生育過程や生育環境・その中で培われる価値観や感性・医師特有の精神構造(思考形態や行動原理)・医師が好む趣味や嗜好といった要素を徹底的にリサーチすることが第一歩です。そしてそのためには女性の主観ではなく、医師の立場に立った客観性が求められます。私はメールマガジンや各種のテキストでも繰り返し増えてきましたが、日本人は物事を客観視する習性があまりありません。2000年以上に渡って島国でほぼ単一民族が和気藹々と暮らしてこれたため、相手は自分のことを分かってくれるという精神基盤が培われ 、ことさら相手のことを把握しようと言う心理が働きにくい社会が出来上がってしまったからです。しかし医師との結婚では相手を知ることは絶対に欠かすことができません。特に医師が結婚に何を求めるかと把握することは相手の先生が皆さんとの結婚にその気になってできるだけ短期間で結婚を成就し末永い幸福な人生を叶えるために決定的な要因となります。従って皆さんは自己中心的な観点ではなく、徹底的に客観性をもったスタンスで医師が結婚に何を求めるか?をリサーチする必要があるのです。


自分の当たり前は当たり前ではない

客観性をもって医師が結婚に何を求めるかを探求する場合、自分の女性としてのメンタリティ(価値観や感性)を念頭から外すことを考えなければなりません。女性にとって当たり前のことが、相手の先生にとっては当たり前ではないことも豊富にあるのです。
例えば時間の感覚。先生達は1日を分刻みのスケジュールで過ごします。次から次へと押し寄せる患者を診察し治療を行い、加えて新しい知見や技術の研修習得などもあり休憩や食事もまともに取れないほどです。 朝仕事を始めて気が付いたら夜になっているなんてことは日常茶飯。1日はあっという間に過ぎ去るでしょう。ということは先生たちの時間感覚は私たちと比べて大きく異なっていると考えた方が間違いないはずです。私たちが感じる1日は先生達にとって1時間くらいに感じられるかもしれません。私たちの感じる一週間は先生達にとって1日ぐらいにしか感じられないことが十分に考えられると思いませんか?
こうした先生達の時間感覚を把握しないまま、自分の時間感覚だけで先生達とのコミュニケーションを考えると間違ってしまうことも往々にしてあるはずです。「1週間以上会っていないので先生に会いたいけれども、なかなか予定を入れてくれない。」「2週間以上会っていなかったのに、まるで昨日 会っていたような口ぶりだった」こうした声をよく聞きますが、先生たちの時間感覚を考えれば当然かもしれません。女性中心に主観で先生達を取られていたら、先生たちの結婚に求める物が把握できなくなるということがおわかり頂けると思います。


本質的に貧相な未婚男性のプライベート

医師が結婚に何を望むのかをリサーチする時に、先生たちのイメージや印象から考えると間違いかねません。医師は医学医療の専門家で、高度な医療知識技術を身につけており、まさにスペシャリストとして強いプロフェッショナリズムで颯爽と医療現場で働く。患者に対して献身的で親切丁寧に診療を行なってくれる、頼もしく尊敬に値する人物。社会的ステータスが高くどこへ行っても「先生、先生」と呼ばれ常に敬意を払われる存在。こういったところが皆さんが考える医師のイメージだと思います。しかし皆さんは患者として医師と関わるわけではなく、結婚し人生の伴侶となり 先生のそばで末長く生きていくことが願いのはずです。皆さんが相手の先生と結婚した場合、多くの時間を過ごすのはプライベートの家庭空間のはずです。ここで重要なのは医師としての側面よりも、男性としてのプライベートな実像なのです。これもメールマガジンやテキストなどで繰り返し書いてきましたが、独身ドクターのプライベートでの実像は、本質的に貧相な未婚男性のプライベートであると言って過言ではありません。先生達は長い時間を病院やクリニックで過ごさねばなりません。従ってどうしてもプライベートな時間は短くなり、家事などを行うゆとりはほとんどなく、食生活も褒められたものではないコンビニ弁当やジャンクフード中心となりがち。 皆さんは医療現場でのドクターの姿しか見る機会がありませんから、なかなか想像し難いものがあると思いますが、客観的に捉える限り独身ドクターのプライベートは決して豊かであるとは言えないのが現実なのです。


笑い事で済まない独身ドクターのプライベート

こうした貧相なプライベートを送らざるを得ない独身ドクターは、ある特徴があります。私が見てきた限り30代後半以上の独身ドクターはその多くがメタボ体型です。独身ドクターは自分の担当患者には、「栄養バランスのとれた食事を三度三度きちんと取りなさい」と言っておきながら、自分はコンビニ弁当やジャンクフードばかり食べているわけです。そしてお金があるので好きな時に好きなものを好きなだけ食べる。独身ドクターで共通しているのは焼肉が好きなことです。野菜中心の食生活など彼らにはほとんどありえないでしょう。
また多忙激務のためにきちんとした睡眠時間も取れず、36時間連続勤務など当たり前と言った不規則な勤務実態が恒常化しています。さらに高収入であるため独身ドクターの多くは、レクサスやベンツ BMW といった高級車を所有している上に、効率的に時間を使うために、どこに行くのも車で動くという行動スタイル。つまりほとんど運動することがないドクターが大半。メタボ体型になって当然の条件がいくつも重なっているのか独身ドクターなのです。医師は一人前になるまでに自分自身でも大変な努力を重ねますが、彼らが医師として成長する過程では社会資本(大学医学部の補助金など)も投じられています。医師が一本立ちするためには、彼ら自身の努力を含めて膨大な時間と数千万円の金額がかかっていたのです。先生達には簡単に死んでもらっては困る。それどころか聖路加病院の日野原先生の用意長命を保って名医権威とやってもらわねばなりません。こうした観点から考えると、独身ドクターのライフスタイルは決して笑い事では済まないのです。ここに医師が結婚に何を望むかを考えるヒントがあります。


結婚だけならできる(特に医師であれば)

独身ドクターが勤務する医療現場は、女医さん以外にも看護師・薬剤師・検査技師・療法士と言ったコメディカルと呼ばれる専門職の女性が大勢います。こうした環境にいるのだから結婚相手には不自由しないはず。しかも医師は社会的ステータスがあり高収入でエリートだから、モテまくるんじゃないか。そう考える人は少なくないでしょう。実際女医さんやナースさんと結婚するドクターがいるのも確かです。しかし冒頭にあげたように医師の離婚率は通常の2倍あります。私自身が知る限りでも女医さんやナースさんと結婚して離婚したドクターを5人以上知っています。なぜこんなことが起きるのでしょうか。結論から言うと専門職同士は、結婚はできても結婚生活の維持が難しいのです。女医さんはもちろん男性医師と対等平等以上の職業的資質素養の持ち主。看護師や薬剤師なども苦労して努力を積み重ね国家試験をパスして叩き上げてきたプロフェッショナルです。彼女たちは自分の仕事に自信と誇りを持ち、専門職としての生き方を全うしたいと考える人が大半のはず。つまり女医さんや看護師や薬剤師、あるいはその他の専門職の女性は結婚したからといって簡単に仕事を辞めて家庭に入るということは、自分の選択肢の中にはないケースが少なくないのです。ということは男性医師が女医さんや看護師さん達と結婚したとしても、一般的な家庭生活はなかなか難しいという可能性が極めて強いわけです。それでも努力して家庭を維持しようとするカップルもいるでしょうが、こんなはずじゃなかったと破局することも十分考えられると思いませんか?繰り返しますが 男性医師と専門職の女性は、結婚することはできても結婚生活を維持することが難しい。これを深く認識しておいていただきたいと思います。


問題は結婚した後

結婚生活を維持する。これは皆さんにとっても課題です。皆さんはドクターとの結婚を実現させ、結婚した後に続く数十年を仲睦まじく幸福に暮らし、最高に充実した人生を送る事が彼岸なのですから、簡単に結婚生活を破局するわけにはいきません。加えて皆さんはおそらく専門職ではないはずですから、家庭に入って主婦として家事運営を待たされる可能性が高いでしょう。夫婦円満な家庭で末永く幸福に暮らしていくためには、結婚だけが大事なのではなく結婚した後こそ皆さんの努力が報われることになるのです。私はドクター婚活は、医師との結婚を実現させるための準備段階にすぎないと考えます。全くのゼロから見ず知らずの独身ドクターに出会い、結婚までいたるプロセスはそれなりに大変ですが、これはあくまでも準備期間にすぎないのです。ところが少なくないケースで、医師と結婚できれば自分の目的は達成され後は安泰な人生が待っていると考える人はいます。いわば結婚がゴールになってしまっているパターン。これは間違いです。皆さんの本当の勝負は結婚してから始まるのです。結婚は通過点に過ぎずスタートライン。そこから長い時間をかけて夫婦の信頼関係を築き上げ末永く幸福に暮らしていくことこそが皆さんの究極の目的なのです。
婚活は準備期間であって、結婚はゴールではない。結婚は出発点でありそこから始まる数十年以上の長い時間を幸福に暮らすこと。これを徹底的に認識しておくことが重要です。
結婚生活を維持することは夫婦のたゆまぬ努力が必要ですが、医師との結婚の場合には夫が多忙激務であり家庭に関わる限界があるため、皆さん達の存在意義がより問われることになります。結婚だけを目標にする、結婚してから始まる数十年の夫婦生活を展望して婚活に取り組むことが決定的に重要であるとお分かりいただけるのではないでしょうか。


お金で解決できるか?

医師は高収入だから家事などはお金で解決すれば良い。そう考える人も少なくないようです。確かに現在は家政婦さんやホームキーパーさんのサービスが整っているので、お金を払うか炊事洗濯掃除といった家事全般にわたって代行してもらうことが可能です。
しかし家庭運営は家事だけではありません。家事全てをお金で解決し代行してもらうことは、それなりの意義がないでわけではありませんが、夫婦関係やその他の家族との関係はお金で解決することは不可能です。結婚は夫婦の間の契約であり、家庭はその契約に基づいて構成される社会単位・環境です。たとえ家事がお金で解決できたとしても、それはあくまで代行であって家庭の本質ではありません。前述の男性医師と女医さんやナースさんとの結婚がうまくいかないケースが多いのも、家事ができないからではないのです。結婚しても共働きだと夫婦がすれ違いになりがちでコミュニケーションもなかなか取れないとなれば、家庭としての意味が失われることになりかねません。新婚期間はお互いに気を使い合うから、多少のすれ違いは我慢できるかもしれませんが、長期間にわたって続けば夫婦生活の継続が難しくなることもありうるでしょう。家事を外注代行して効率的に時間にゆとりを作るのは、夫婦関係を充実させるためであれば問題ないでしょうが、お金さえかければ結婚生活を維持できると考えるのは夫婦関係のリスクを大きくしかねません。医師と結婚し充実した家庭を構築していくためにも、皆さんは結婚生活の本質を見極め夫婦にとって何が大事なのかを認識しておく必要があると強く考えます。


自分の生活様式が定着してからでは遅い

私が見てきた独身ドクターの中には、そもそも結婚生活に馴染まない、と言うか結婚する気がない先生もいます。こうしたケースでは多くの場合、ドクターは文字通り独身貴族となっています。 40代以上で独身の医師は年収が1500~2000万円くらいありますから、リッチな独身ライフが楽しめるわけです。趣味や嗜好に大きな投資をするドクターが少なくありません。高級外車を複数台所有したり、時間のある時は海外旅行三昧。あるいは1000万円以上する高級グランドピアノや500万円もするフルートを持っている独身ドクターを知っています。まさに医師であるメリットを最大限に活かした、優雅な独身生活をエンジョイしているわけです。これだけ見れば羨ましく思いますが、しかしこうした人物は、現在のライフスタイルがあまりにも快適なために、結婚が面倒くさく疎ましくなっているケースが多く見受けられるのです。自分のやりたいことだけをやる人生を至上のものと考えるために、新しく別の人物と共同生活を行いたいと言う気持ちがなくなってしまう。さらには結婚すれば、相手に拘束され自分の自由な時間がなくなり、今のような楽しみが味わえなくなると言う怯えもあるため、積極的に結婚に前向きに取り組もうとしない人が珍しくありません。
こうなってしまうとそれほど女性が魅力的に見えても、愛人やセフレ関係だけでいいと考えてしまう傾向が少なくないのです。死別生別はともかく一度婚姻歴があるドクターであればそうではないかもしれませんが、完全に独身を通してきた人物にはアプローチが難しい場合がありますから、そうなる前に皆さんの魅力でがっちり先生たちを惹きつけて、結婚に持って行きたいものです。と同時に、上記のような独身ドクターの振る舞いにも医師が何を結婚に求めるかを探求するヒントが隠されています。


なぜドクター夫人は惹き付けられたか?

セレブメーカーズ.comでは13年間で600人以上のドクター夫人の成婚をサポートしてきました。中にはすでに離婚してしまったカップルもいますが、多くのドクター夫人が現在も、敬愛する旦那様であるドクターと円満な家庭を築いて夫婦生活を継続しています。今回こうしたドクター夫人に、医師が結婚に何を求めるかという観点からリサーチ行いました。結婚前、相手の先生は女性に何を求めていたか?可能な限り細かくヒアリングを行いました。そこで分かったことは当たり前ですが、先生達は結婚前に相手の女性を自分の人生の伴侶にふさわしい人物と認めていました。また彼女達の内面性に惹きつけられていました。そして何より結婚に積極的だったのです。その大きな要因となったのは・・・癒しであったと結論付けました。ほとんどの先生達が結婚に癒しを求めていたのです。そして相手の女性に自分の癒しを見つけることができたから結婚を決めたと言っても過言ではありません。つまり成功したドクター夫人の多くは、意識しているいないに関わらず癒しをアピールしていました。
そしてそのアピールに相手の先生が強烈に惹きつけられたと言えます。私はドクターとの結婚を成功させる秘訣は、女性がドクターを追いかけるのではなく、ドクターが追いかけてくる展開にもちこめるかどうかかであると考えています。そしてドクターが追いかける動機となるのは、女性がもたらしてくれる癒しであると今回判明しました。成功したドクター夫人たちは、価値観や感性、人格や識見といった内面性はもちろんのこと、自分が先生たちにもたらすことができる癒しをアピールしたことで、先生を彼女たちとの結婚にその気にさせたわけです。皆さんも自分が提供できる癒しを相手の先生にアピールすれば、医師との結婚の可能性が大きく広げられます。


物理的なものから精神的なものもまで

成功したドクター婦人たちが交際相手の得点ドクターの先生にアピールした癒しは様々な形態がありました。一般的にも癒しと言っても無数のイメージが湧いてくると思います。
成功したドクター夫人達の癒しのアピールは、精神的なものから物理的なものまで多岐にわたっていました。その中には「癒し」と言われればすぐに思いつくようなものから、「えそんなことが癒しになるの」というようなサプライズな表現まで、バリエーション豊かな癒しのアピールが行われていました。さらに前述の通り、本人が全く意識せずにアピールしていたものもあります。また、これらの癒しのアピールは、特別な技能を必要とせずごく自然体で行われたものが大半でした。専門的で複雑なテクニックが必要であれば、実践することはなかなか難しかったでしょう。シンプルで本人が意識しないほどの「癒し」をアピールしたからこそ、相手の先生も思わずのめり込んだのではないでしょうか。さらに特徴的なことは癒しをアピールする際に相手の先生に対し、下手に出たり顔色をうかがい媚びへつらうことなく、当たり前のように実践されていることです。もしおべっかを使うように癒しをアピールしていたら、感の鋭い先生達ですから一発で下心を見抜かれてしまったでしょう。さりげなく癒しをアピールすることも大きな成功要因になると思います。

成功したドクター夫人達のデータが語る

成功したドクター夫人のリサーチから導き出した癒しのアピール! 癒しのアピールが相手の先生を彼女たちの結婚に本気になるきっかけとなったわけですが、上記でもちょっと触れた通り癒しのアピールを行ったドクター夫人たちが全員が全員、意識して癒しを積極的にアピールしたわけではありません。中には自分で気づかないまま無意識のうちに癒しをアピールしており、結果としてそれが功を奏したというケースも少なくありませんでした。
こうした場合、医師との結婚が叶ったわけですから結果オーライですが、できれば意図的・戦略的に癒しをアピールして医師との結婚を確実なものにしたいものです。
さらに今回のリサーチで痛感したことがあります。成功したドクター夫人の多くは、客観性に欠けていた部分が少なくありませんでした。どういうことかと言うと、相手の先生から自分はどう見えているかという客観的視点がなかったケースが見受けられたのです。もちろん 相手の先生を引きつけて結婚できているわけですから、これも結果オーライではありますが一つ間違えばうまくいっていなかった可能性だってあるのです。冒頭に客観性のテーマに触れたのもこうした成功したドクター夫人であっても、自分を中心にした主観で振る舞っていたことに強く懸念を抱いたからです。というわけで今回、成功したドクター婦人たちのリサーチから導き出した癒しのアピールを再現性のある情報として構築しました。それが「医師を虜にする癒しアピール術!」です!医師との結婚を成功させ末永い幸福な家庭生活を築き上げ、名医権威と言われる先生たちの影の力持ちとして活躍していただくために、成功したドクター夫人たちが相手の先生に行った癒しのアピールを身につけ、 医師との結婚の展望を大きく切り開いてください!


「医師を虜にする癒しアピール術!」は

成功したドクター夫人達へのリサーチに基づいた情報です!
そ内容をご覧になれば・・・













「医師を虜にする癒しアピール術!」は13年間で600人以上の成功したドクター夫人達をサポートしてきたセレブメーカーズ.comだからこそ提供できる、世界に唯一ここだけの情報です!まだ誰も独身医師を引き付ける癒しのアピールを知りません!
誰もわかっていない今こそチャンスです!
独身医師であれば関心を持たずにはいられない、癒しのアピールテクニックを貴女のものにして、悲願・念願であるドクター夫人の夢を叶えてください!






【電子ファイル版PDF94ページ】
【冊子版A4版94ページ】

冊子版は別途梱包送料1,500円(全国同一料金)が必要です。

 




ご購入の前に確認ください

◇お支払いは銀行振り込み・代金引換となります。
◇ご利用できる金融機関は、ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・楽天銀行・福岡銀行です。
◇大変申し訳ありませんが振込手数料は、購入者様がご負担下さい。
◇代金引換の場合ご注文から5営業日以内に商品を発送いたします。
◇お届け先はご自宅以外に、郵便局留め置きが可能です。
◇商品のお届けは、日にち・時間の指定が可能です。
◇日にち指定は注文日翌日以降 7日以降から 20日間の指定が可能です。お申込み手続きはショッピングカートからお願いいたします。
◇時間指定は「午前中・12時頃~14時頃・ 14時頃~16時頃 ・16時頃~18時頃 ・18時頃~20時頃 ・20時頃~21時頃 」となります。
◇商品は外からは中身が判らないようエアキャップ入り封筒(A4サイズ)で梱包して発送いたします。
◇「集中講座」等の特典はお使いになれませんのでご了承ください。